周りには分かりにくい|ADHDはサプリで治る|物の解釈が早くなる魔法

ADHDはサプリで治る|物の解釈が早くなる魔法

レディー

周りには分かりにくい

目を触る男性

女性に多い症状

貧血といえば、女性特有の病気だと思いがちです。一番多いのは、鉄欠乏性貧血といわれています。この原因として女性に多いのは、子宮筋腫や子宮内膜症、または子宮内膜ポリープなどの婦人科の疾患が原因で月経が多くなることから貧血が起こります。なったことない人は、貧血くらいなら大丈夫だろうと軽く見がちですが、症状としてつらいです。血液のヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ働きがあります。血液が少なくなると、流れるヘモグロビンの量も減ることにより酸素が足りなくなって酸欠になります。これにより、息苦しくなったり動悸などが起こります。また倦怠感がひどくなって、疲れやすくなります。症状として、低血圧とよくにた症状が起こります。

気をつけること

鉄分の不足が原因の鉄欠乏性貧血の場合は、日頃から食事などから鉄分を摂取するように気をつけることが大切です。鉄分によっては、ビタミンCなどと一緒に摂取することで吸収率がよくなるものがあります。血液検査で症状が重い場合は、鉄分を含む錠剤を処方されます。一般的にヘモグロビンの数値が10以下の場合に病院で鉄剤を処方されて治療します。鉄欠乏性貧血以外にも、色々な種類の貧血があります。男性の場合は、何かの病気が隠れている場合もありますので注意が必要です。閉経後の女性や高齢の方が貧血になった場合は、見えないところから出血が続いている場合もありますので、内科の受診が重要です。健康診断や血液検査でみつかることもあります。